会社概要

資源大国を夢見て

 私達は、資源の殆どを外国に依存しています。
しかし、遙か将来には日本は資源大国になっているかも知れません。
 全長3000kmにも及ぶ日本列島の擁する隣接海域は世界で3番目の大きさと言われ、そこに眠るガス
資源、鉱物資源は膨大な量だと推測されているからであります。
 国は積極的に海洋資源の調査、探査に携わっていますが範囲が広すぎる故に、充分とは言えません。
 サンエイ・マリン株式会社は船主の海洋エンジニアリング株式会社様の御支援と御協力のお陰で海洋調査の一端を携わらせて戴いています。
 サンエイ・マリン株式会社は当初、外航船の管理業から出発致しましたが平成5年には内航船も管理出来る博昌海運有限会社を買収しサンエイ・マリン株式会社の傘下に収め外航船、内航船共に管理できる体制を整えました。
 しかしめまぐるしく変化する時代に合った、より重要な、より安定した、業務への取り組みが求められるのは、どの世界においても当然の事で有ります。
 サンエイ・マリン株式会社と博昌海運有限会社は平成15年を期に海洋調査を専門とする会社へと転換を計りました。
 30年以上に亘る優秀なマンパワ-の育成と、練度の高いシップマネ-ジメントの蓄積があったために相応の実績を残しつつ今日に至っています。
 今では乗組員は現代の進化した海洋調査機器の取り扱いのスペシャリストとして優秀な専門化グル-プを形成しておます。その点他社が追従しえない私達の特色となっております。
 一口に海洋調査と言ってもその目的は多岐にわたり、極めて学術的であります。メタンハイドレ-ドの分布調査、海底熱水鉱床の鉱物分析調査、エアガンによる海底地層調査、コアサンプラ-による地層調査、水温調査、遠隔操作潜水艇(ROV)による海底資源調査、地震計の海底設置。更に、サンマ、助宗鱈、南氷洋調査捕鯨策餌調査等の水産資源調査等々日本の将来に必要な重要な任務を背負って、船員、そして船員OBである陸上社員共々奮闘しています。
 船員にとってより安全な、より安心出来る、魅力のある職場作りを、サンエイ・マリン株式会社と博昌海運有限会社は常に目指しています。
 船内には技術的にも、専門的にも優れた、人間味溢れる先輩船員が多数働いており新規の船員でも暖かく迎えて呉れる筈です。
 皆様船員の来社をお待ちしております。
   
サンエイ・マリン株式会社
博昌海運有限会社
代表取締役 伊地 兼康

サンエイ・マリン株式会社

社名 サンエイ・マリン株式会社
住所 〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町2-9-5 東陽ビル3F
TEL
045-664-9341
FAX 045-641-8229
MAIL ricoship@violin.ocn.ne.jp
資本金 1000万円
設立年月日 昭和62年3月2日
取引銀行 横浜銀行市庁舎支店、横浜銀行元町支店、神奈川銀行本店
主要取引先 海洋エンジニアリング(株)、日本海洋(株)、(株)鶴井海運、正和シーボ(有)、アンバーライン
主要取引造船所 向島ドック(株)、藤高造船(株)、共栄船渠(株)、新笠戸ドック(株)
関連子会社 博昌海運有限会社、リコシップ株式会社
代表取締役 伊地 兼康
取締役 海務部長 入江 肇

事務所アクセス

第一開洋丸は外航船として、ISMシステムのもと、管理・運行しております。

博昌海運有限会社

社名 博昌海運有限会社
住所 〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町2-9-5 東陽ビル3F
TEL 045-664-9341
FAX 045-641-8229
MAIL ricoship@violin.ocn.ne.jp
資本金 1000万円
設立年月日 昭和55年12月4日
船員派遣事業許可 許可番号第303号
代表取締役 伊地 兼康
取締役 海務部長 入江 肇

事務所アクセス

博昌海運有限会社は船員派遣事業許可を取得しております。